大手ジムに比べて小規模ジムがいいと思うところ比較

大手ジムと小規模ジムはどちらがいいのでしょう?

プライベートジムは、全国展開しているところもあれば、地区限定で数店舗で展開しているところもあります。
それぞれのジムの規模でメリット、デメリットがありますが、小規模なジム側から見てのメリットをまとめます。

けんじ
迷っているのでぜひ知りたい情報ですね

小規模ジムもオススメなのよ~
ジュン

ビーコンセプトと、その他を比較した一覧表です。

ありなし

比較 小規模完全プライベートジムB-concept 大手プライベートジム
A社
一店舗多ブース型
B社
大手大規模ジム
C社
ボクシング系ジム
D社
回数 22回
(16回+6フォロー)
16回 ゴール設定なし
時間 60分 50分 75分 60分
料金 233,280円
(10,604円/1回)
348,000円
(21,750円/1回)
234,000円
(14,625円/1回)
月額15万円

パーソナル料金(値段が不明確)
アフターフォロー 6ヶ月(6回)
業界最長
なし
有料であり
なし
個室
完全個室
(貸し切り)
シャワー・トイレ・着替えかぶる心配なし
トレーニングは
個室
だがジム内に多数会員がおり、トイレやシャワーは共用で、人目あり
個室あり
オープンスペースで人目がある グループレッスンのため多人数
食事アドバイス 毎日の食事サポートで、クライアントごとの食事プラン設計 機能的な糖質制限のみ サポートはあるが3日に一回程度 なし
コストパフォーマンス 店舗内を貸し切りで使えるにも関わらず、広告費を抑えているのでリーズナブル TVCMで多額な広告費をかけており、会員費が高い 1店舗10ブースなど、多くのお客様を抱えており、対応も雑になる。共有部の使用に制限もある 我流でトレーニングをしても結果が出ず、月会費ばかりかかり、無駄な出費となりかねない リーズナブルで楽しめるが、有酸素プログラムのみで、メリハリある体づくりには鳴らない
トレーニング内容 バランスシューズやPUSHを使用したオリジナルトレーニング 大量のトレーナーが所属しており、メニュー内容はどんなクライアントでも同じ いいトレーナーに当たるかは運次第 グループでの有酸素運動なのでボディメイクは難しい
サプリメント販売 なし あり あり あり なし

大手が本当にベストなプライベートジムなのかは、自分がどこにジムのメインのポイントを置くかです。

投稿日:

Copyright© プライベートジム丸わかり , 2021 All Rights Reserved.